結婚式はハウスウエディングへと移り変わる

ハウスウエディングとは、一軒家を借りて、近親者や友人等特に、親しいものだけを招いて行う結婚式の一形態だ。一般的には、結婚することが決定すると挙式をすることが通例である。女性は、幼い頃に、大きくなった”花嫁さんになる”ことに憧れ続けている人も多いと聞く。”人生一度の晴れ舞台”というやつだ。一昔は、派手なというか一風変わったと表現してよいのか、芸能人がステージに出演するような結婚式が一世を風靡したことがあった。


ハウスウエディングは、これらの反動で生まれたかのような結婚式のスタイルである。かつては、ドライアイスをたいてスモークが、モクモクとする中、花嫁・花婿の登場というような結婚式もあった。もう、そういう”ハデ婚”はいらないということなのかもしれない。ただ、一部の地域では、派手にすることが伝統とする文化もあるが、これらを否定するつもりは毛頭ない。日本人は無宗教と言われるように、宗教にとわられることなく、いわばパーティー気分で、結婚式を楽しむという風潮に変わってきたのだろうと思う。


コスト面でも、これは実に安く済むはずだ。通常は、挙式と披露宴は別々に用意されている会場で行うのが一般的だ。ハウスウエデイングなら一箇所で事が済むのだ。こういう風潮に眉をひそめる御仁もおられるかもしれないが、花婿・花嫁がここで結ばれて、幸せになることを互いに楽しみ、祝えば良いのだ。こういうのもまた良いものだろうと思う。結婚式は、高級ホテルや避暑地の協会だけではなく、ハウスウエディングという選択肢も用意されているのだ。一考する価値は十分にある。

ハウスウエディングのいいところ

ハウスウエディングのよいところといえば何といっても、広くて開放的で緑が豊富なガーデンに、本格的なチャペルに、かわいらしい洋風な披露宴会場、そして貸切状態でゆっくりとくつろげるというところだと思います。それなりに価格も高いのですが、それにみあった質の結婚式をあげることができるような気がします。またガーデンがあることにより、それらを利用した演出なども特徴的です。たとえば、ガーデンでのデザートブッフェがあったり、バルーンリリースのイベントがあったりととにかく盛り上がりそうなことは間違いないですよね。


そんなハウスウエディングですがやはりよくないポイントもあります。ホテル施設ではないので遠方からおよびする場合などに宿泊施設としては利用できません。これは足の悪いお年よりにはやさしくないしくみで当日の移動など、わずらわしさを感じさせてしまうかもしれません。また、ガーデンが売りな会場であれば天候に左右されやすく、当日の朝、または瞬間まで天気に対してハラハラさせられることとなると思います。それらのマイナス点はあるので、検討の際にはしっかりシュミレーションして何が絶対はずせないのか考える必要があります。


このように、よい点、悪い点がそれぞれあるハウスウエディングですので、担当者さんとしっかり話をして過去の経験上どういうときにどんなことがあったか、雨がふったときにどう対応するのかなどをしっかり聞いてみる必要があります。一生に一度の結婚式ですから、ハウスでもホテルウエディングでも理想の二人だけのよい式にしてほしいものですね。私の場合は無難にホテルにしましたので、無事天候には左右されず、まずまず成功だと思いました。ただ、やはり晴れにかけて、晴れたとき、その嬉しさはたまらないものとなると思います。

レストランウエディングのメリット

レストランウエディングは、みんなに演出や余興を楽しんでもらう披露宴というより、アットホームな食事会のような披露宴に向いていると思う。レストランという場所は普段食事をするための場所なので設備の充実さはあまりない会場もある。例えばウェルカムスペースはあるにしても、親族の控え室はない所もあるし、オープニングムービーや生い立ち映像、エンドロールを流すためのプロジェクターも作りつけのものがない会場も多いのではないだろうか。


てはレストランウエディングの良い所はどこだろう。その答えのひとつは、ますば食事がおいしいことだ。普段レストランを営業しているので、会場を選ぶ際はレストランの口コミを参考にしてみてもよいかもしれない。レストランの口コミには料理についてはもちろんのこと、スタッフの対応についてなども書かれているので一度目を通すとよいだろう。さて、もうひとつ、レストランウエディングの最大の魅力はやはり、記念日や誕生日などに食事をしにくることができる。記念日に結婚相手と来て当日のことを思い出しながら食事をしたり、たまにはお互いの両親を招いて思い出のレストランで会食なんていうこともできる。


専用の結婚式場と比べると狭いかもしれないが、その分参加者との距離が近いのでアットホームな披露宴ができる。結婚式場は結婚式が終わってしまったらそれまでだが、レストランウエディングを行えばまた何度でもレストランに足を運び食事をすることができる。参加者との歓談を中心にしたい方、お食事重視の方、また記念日に思い出の場所で新しい思い出を作りたい方に向いていると思う。

レストランウエディングのメリットについて思うこと

最近では豪華な結婚式を挙げるよりもレストランウエディングでアットホームな雰囲気で行う結婚式が人気を集めているようです。私も結婚式を挙げるならレストランウエディングをしたいと思っています。結婚式場での豪華な結婚式ではやはりかしこまった服装でないといけないので敷居がとても高いですよね。私も何度か出席していますが、普段着ないようなドレスを着たりお洒落をするので、準備にも時間がかかりすごく疲れてしまいます。


しかしレストランウエディングならば、普段利用しているようなレストランを貸切にして軽装での出席もOKだったりするので、気軽に出席する事ができるのでいいですね。結婚式を挙げるカップルも披露宴の費用を抑える事ができるので、無理して豪華な結婚式をあげなくてもみんなに祝ってもらえてとても満足だと思います。レストランはデートのついでに下見できるので、好きなレストランを選ぶ事ができ、失敗が少ないのではないでしょうか。


結婚情報誌にもレストランウエディングの特集を組んだりしているので、これからもますます需要は増えると思います。ありふれた結婚式場で他のカップルと同じような式を挙げるよりも、レストランウエディングはオリジナルな結婚式にすることができるので人気なのかもしれませんね。料理もレストランの味ですので美味しいですし、身内と親友など親しい人だけしか呼ばない場合は、会社の上司の長いスピーチも聞かなくていいですしおすすめですね。

レストランウエディングの長所と短所

最近流行のレストランウエディング。私自身も2年前にレストランで挙式披露宴を行った。式場を選ぶ際はホテルや総合結婚式場での結婚式と比較してみたが、会場内の雰囲気が派手すぎず私好みだったこと、婚礼料理の試食で食べた料理が群を抜いておいしかったことの二点がレストランウエディングを選んだ決め手になった。しかし、レストランウエディングには長所もあればもちろん短所もある。これから結婚式を挙げる人たちは両者を知った上で自分たちに合う式場を選ぶべきだ。まずレストランウエディングの長所と言えば、もちろん料理がおいしいことである。2時間前後に及ぶ長い披露宴の間、ゲストはずっと料理と向き合っているのだから、おいしい料理を食べてもらいたい。ホテルなど規模の大きい会場ではキッチンとテーブルが離れているため、料理がサーブされる頃には冷めてしまっているということも少なくはない。しかしレストランではキッチンとの距離が近く、またオープンキッチンになっているところも多いため、ゲストはアツアツの料理を食べることができる。婚礼料理を新郎新婦のためだけにアレンジしてくれるレストランも多いのも魅力だ。私が結婚式を行ったレストランでは、シェフが盛りつけや使いたい食材などの希望も聞いて私たちだけの婚礼料理を作ってくれた。逆に、レストランウエディングの一番の短所といえば、割とカジュアルでこじんまりとした式になることだと思う。ホテルなどと違って式場の規模が小さく新郎新婦の高砂もないことが多いので荘厳厳粛な式を挙げたい方、たくさんのゲストを呼びたい方、職場の上司などが多く改まった雰囲気が要求される場合にはあまりおすすめしない。余興でダンスなどをすると狭くなる恐れもある。レストランウエディングに限らずどのタイプの式場にも一長一短必ずあるものだ。流行だからといって飛びつかず自分たちとゲストの希望がかなえられる式場を選んでほしい。